E2cvum6irnubdf2ute1p

サプリと食事で炎症を抑え、病気を癒す方法

こんなあなたのためのセミナーです

[check]薬やサプリを使っても、うつ病、歯周病、糖尿病が治らない

[check]食事と炎症の関係を深く知りたい

[check]いい食事は知っているが、どうやって自分の生活にとりいれるべきかわからない

[check]悪い食事だとわかっているが、やめられない

ジャックからのメッセージ

ジャック

日本の皆様、ご無沙汰しています。ジャック・チャレムです。

米国で分子栄養学に基づいたパーソナル・ニュートリション・トレーナーをやっています。

昨年度からニュートリション・レポーターの日本語版が発行されていますので、ご存知の方もいらっっしゃるかも知れませんね。

近年、日本においても分子栄養学に対する理解が進んでいる事に喜びを感じています。

さて、突然ですが 分子栄養学の観点から見て、糖尿病、うつ病、歯周病、アルツハイマー病に共通する事はなんでしょうか?

答えは 炎症 です。

炎症は必ずしも悪者ではありません。
生命にとって不可欠なものです。

風邪で発熱することからわかるように、炎症は治癒の過程に必要です。

問題は慢性炎症なのです。
慢性炎症は 炎症のスイッチがOFFにできない状態です。

それによって免疫が自己を破壊し、弱い臓器が攻撃を受けるのです。
炎症が持続することで例えば、以下のような病気に影響を与えます。


うつ病

現在のうつ病治療は主にセロトニン仮説をもとに行われています。

SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を飲めば、脳内のセロトニンは増えますが、全員の症状が改善するわけではありません。

ある大規模試験によれば、抗うつ薬の反応率はおよそ 3 分の 2 ,寛解率は 3 分の 1 です。
現実の精神治療では薬物以外の治療の選択肢はほとんどないのが現状です。

そのような状況の中、現在うつ病の原因として慢性炎症がクローズアップされています。



歯周病

歯周病は、感染から歯周組織に炎症が起こり、その結果歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)が壊されていく病気です。

炎症が起こるときには、体内で免疫反応が起こっていますが、歯周病の場合はRANKLという骨吸収を促進するサイトカイン(免疫系の情報伝達物質)が活性化します。



心血管疾患

肥満や糖尿病が凝固異常を引き起こし、心血管疾患を招くことは常識となっていますが、これらの疾患の背後にはすべて炎症が絡んでいます。

心疾患の予後を予測する一番の指標はコレステロールでもホモシステインでもなく高感度CRPなのです。

つまり、これらの病気が治っていないということは、炎症がおさまっていないということを意味します。

なぜ炎症が抑えられないの?

画像の説明

現代医療においてこれらの疾患が完治できない理由は、炎症が抑えられないためです。
では、なぜ炎症を抑え込むことができないのでしょうか?

理由は大きく2つあります。

一つ目は、体のある部位で起こった炎症が他の部位に飛び火するからです。

例えば、糖尿病は歯周病の危険因子であり、一方歯周病は糖尿病合併症でもあり、両者は密接な相互関係にあります。

両者の関係をつないでいるのは、TNF-αという情報伝達物質です。

局所で起きた炎症によって情報伝達物質が作られ、それは体中を駆け巡り、全身に影響します。

つまり、言い方を変えれば炎症は症候群なのです。

局所の炎症を治すためには、全身の炎症を調整する必要があります。

インフラメーション・シンドロームはこの炎症症候群についてはじめて解説をした本ですので、興味ある方はぜひお読みください。

悪い食事が栄養療法の効果を半減させる

画像の説明

さて、炎症が治まらない理由はもう一つあります。

それは、食事です。

炎症を起こす原因は、けが、感染症、ストレス、トラウマ、肥満、運動、喫煙、など様々ですが、この中でもとりわけ重要な因子が食事です。

いくら薬を使ったり、いいサプリを使っても食事が悪ければ炎症を完全に抑え込むことはできません。

我々の体は食べる食事によって炎症性物質も、抗炎症物質も作り出すことができます

つまり、炎症が起こるか、おさまるかは食事次第といっていいのです。

それにもかかわらず、食事の現状は好ましいとは言えません。

上記に挙げた疾患が、ますます増加しているのは、ひとえに食事のせいです。
炎症が増えている原因は西洋式の食事だといえます。

米国を発端としたこの食事は急速に全世界に広まりました。
もちろん、日本も例外ではありません。
 
炎症の指標の一つであるω6/3比率は今や20~30:1まで落ち込んでいます。

いまこそ、食事を変えるべき時なのです。

じゃあ、どうしたらいいの?

画像の説明

「それはわかっているが、じゃあどんな食材をどのように料理して、どうやって食べたらいいの? 」

これは、私が多くのか所で講演を行っている際に頂く中で最も多いご質問のうちの一つです。
昨年の日本公演でも同様のご質問を頂きました。

そこで、今回は料理に必要な食材を紹介したうえで、ビデオ形式で実際の料理例をご紹介することにしました。

今回のセミナーでは、

・ 体内の炎症の仕組み

・ 炎症を抑えるサプリとその飲み方

・ 炎症を抑える食事とその材料、調理法(上記のようにビデオで解説します)

についてお話しします。

是非、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

副腎疲労の治療にも炎症を抑える食事が絶対不可欠です

副腎疲労を悪化させる原因はストレスと炎症です。

_MK37893 (640x425)

炎症が続くと、副腎はホルモンを持続的に分泌し続けなくてはなりません。

副腎疲労の患者さんでうつがなかなか治らないのは炎症が治まっていないからです。

副腎疲労を直すためには、サプリをとるだけでなく、食事内容を直すことが絶対必要です。

しかし、食事内容はその人のライフスタイルであり、人生そのものです。

医師や、栄養カウンセラーがその事を無視して、「治療のために食事を変えてください」と、理想の食事表だけを手渡しても、ほとんどうまくいきません。

ではどうするべきなのでしょうか。
患者さんが食事を変えることができるように環境を整えてあげるのです。

「 食習慣は、家族、ストレス、周囲からの圧力、広告などの社会的、心理学的な要因によって形成されている」

これがジャック・チャレム氏の持論です。

彼は、全米屈指のパーソナル・ニュートリション・トレイナーであり、ニュートリションレポーター誌の編集長です。

彼は独自の理論を用いて、患者に寄り添い食事プログラムを達成させる手伝いをしています。

さて、上記で解説した通り、疲労とうつと炎症は切っても切れない関係にあります。

炎症と疲労についてのエビデンスを紹介、解説できる
(詳細は、ニュートリション・レポーターをご覧ください)

炎症を抑える食事について解説できる
(2003年に書籍「炎症症候群」を出版)

炎症を抑える食事のレシピと調理の仕方を説明できる
(ビデオを見てください)

この3点を満たせるのはジャック・チャレム氏をおいて他にはいません。

そういうわけで、繰り返しになりますが、

[check]薬やサプリを使っても、うつ病、歯周病、糖尿病が治らない

[check]悪い食事だとわかっているが、やめられない

そんな人こそ、このセミナーの受講を是非お勧めいたします。

最後に

マクガバンレポートから40年、クリントンのサプリメント政策から20年。
米国のサプリ・食事事情は大きく変わりました。
その結果、現在は米国のがんの発症率は年々低下しています。

いまや米国人は日本人より魚や野菜を食べています。
今こそ、その食事の知恵を学ぶ時です。

米国屈指のニュートリション・トレイナーであるジャック・チャレム氏の講演にご期待ください。

臨床分子栄養医学研究会
代表 宮澤賢史


内容

ビデオ

「うつと気分障害2015」(90分)

「腸内細菌叢とHPA軸」
「精神に影響を及ぼす微生物」
「プロバイオティクスとうつ」
「グルテン感受性と行動障害」
「血液脳関門と炎症とグルテン」

「インフラメーション シンドローム 2015」(92分)

「インフラメーション“シンドローム” とは何か?」
「炎症と自閉症」
「慢性疲労症候群と線維筋痛症」
「炎症とがん」
「炎症を誘発する食事での死亡リスク」
「炎症に対する天然の調節因子」

「西洋の観点からみた 健康的で治療に役立つ食事療法」(105分)

「西洋の観点からみた 健康的で治療に役立つ食事療法」
「地中海式ダイエットと気分」
「パレオ対地中海式ダイエット」
「アトキンスダイエットをめぐる論争」
「がんに対するケトン式ダイエット」

配布資料

各スライドのレジメ
炎症を抑える食事のレシピ
炎症に関連のある疾患資料

セミナーは英語、日本語通訳付き、ビデオは日本語字幕付き


講師


Jack Challem
Jack Challem

栄養、健康ライター

パーソナル栄養コーチ
American Society for Nutrition 会員

プライベート栄養カウンセリングも行う傍らで、1000以上の冊子の記事、20以上の医学、栄養に関する書物を出版

「ノーモアー・ファティーグ」、「糖尿病を今すぐ止めろ」、「気分と食事の関係」、「食事で遺伝子を正しく保つ方法」、「炎症症候群」、「シンドロームX」など含む20種類以上の著作

米国およびヨーロッパにて、医学討論、一般向けの講演会、業界団体などでのスピーチ多数


さあ、はじめましょう!