Eg9oggdsromwojbwfspu

血液検査の見方 症例解析編

実際の症例における栄養分析

症例1 24歳 女性 歯科衛生士

ダイエット希望。なかなか痩せられない。(BMI 21)

慢性蕁麻疹あり。

胃もたれあり、下痢と便秘を繰り返している。

血液検査結果


症例2 37歳 男性 事務職 毎晩23時まで仕事。特別なストレスはなし

     アルコール毎日ビール2杯 BMI25.2 体脂肪率24%


症例331歳女性 山芋アレルギー  喫煙あり  5年前、Hピロリ菌除菌歴あり



講師


宮澤賢史
宮澤賢史

宮澤賢史

宮澤医院 栄養外来担当医師
臨床分子栄養医学研究会 代表
医科歯科連携診療普及協会 会長

問診事項と多くの血液、尿、唾液検査などにより疾患の原因を追究し、その原因に対する根本治療を行っている。

2001年から栄養療法を開始 ライナスポーリング博士の提唱する分子整合栄養医学を医療に取り入れた観点からの医療を展開。

がんから糖尿病、リウマチ、精神疾患まで扱う範囲は幅広く、20000人以上に対して栄養療法の診療、データ解析、監修を行ってきた。

2007年 高濃度ビタミンC点滴療法学会を設立

2012年 分子栄養学実践講座開始

外来診療の傍らで年間20本の講演会をこなす、分子栄養学、高濃度ビタミンC療法のパイオニア的存在。

栄養状態を見極め、単に足りないサプリメントを処方するのではなく、
「なぜ、その栄養素が足りないのか?」
を徹底的に追求する「根本治療外来」を提唱している。


さあ、はじめましょう!