Ztqwsmaqqtacdgyzfhmc

IAOMTによるアマルガム除去法

世界中の「アマルガム反対派」の歯科医師たちは、アマルガムを除去する際に水銀に基準値を超えた暴露をする可能性があるということにいち早く気づいて、その際に発生する患者・医療スタッフの両方の水銀への暴露を減少させるための数々の手法を考案してきた。

世界中の歯科医師たちは、毎日のように何百万というアマルガムの詰め物の除去を行っているが、アマルガムを削りだす際に水銀に暴露する可能性があることについては殆ど意識していない。

そして殆どの場合、新しいアマルガムが"交換"として新たに利用される。

歯科医療における権威者たちは、アマルガムは安定した素材であり、水銀を放出することは全く無いか、あっても僅かであると言う。しかし同時に、水銀を用いないという歯科医を、アマルガムを削りだすときに「患者を不必要に水銀に暴露させている」として非難している。結局、どういうことなのだろうか。安全なのか、それとも水銀は放出されているのだろうか。

疑いの余地なく、私たちはアマルガムが水銀を放出することを知っているし、関連記事によりそれは明らかであるとされている。完成したアマルガムを37℃の作業台に乗せると、長期間に渡り、毎日表面積1平方cmごとに43.5μgの気体水銀を発生させる

歯科医界における"水銀を用いない"歯科医たちは、こうした水銀の暴露に関する問題にいち早く気付き、様々な手法を以って、アマルガム除去施術中の患者・医療スタッフへの水銀の暴露を削減しようとしてきた。

本記事は、その物理的な手法、つまりバリアや換気に関する、どのような歯科医院でも実践可能な手法を紹介する。


講師


IAOMT
IAOMT


この度、「臨床分子栄養医学研究会」は米国の歯科学会組織である「IAOMT」と公式契約の元、IAOMTの教育コンテンツを日本語化し「医科歯科連携診療普及協会」の会員に対して有益な情報を発信してます。


さあ、はじめましょう!